バスト



柔らかいバストの中身は、脂肪と、乳腺、クーパー靭帯でできています。クーパー靭帯は乳腺を守り、乳腺と脂肪を支えているので、バストのハリが保たれているのです。

バストアップを目指すには、睡眠とマッサージ、食事が大きく関わっています。
寂しい貧乳でも巨乳を目指しましょう!

その1:睡眠
夜22時~夜中2時のシンデレラタイムを狙う!
成長ホルモンが活発に分泌する時間です。
しっかり休息をしてストレスを溜め込まない様にしましょう♪

その2:マッサージ
バストの大きい女性はみんなやっていると言われる程バストアップには欠かせないマッサージです。入浴後の身体が温まっている間に、背中からワキを通ってバストへ流し、お腹の脂肪もバストへ持ってきます。そして下から本来の位置に戻す様に上げていきます。
バストの中身である脂肪と乳腺、それを支えるクーパー靭帯を傷つけない様に、優しくゆっくり行います。強い刺激はクーパー靭帯を傷つけて、垂れ下がってしまうので気をつけましょう。
乳腺が発達すると乳腺の周りに脂肪が付きやすくなり、バストアップしやすくなるので、毎日10~15分優しくマッサージしてみましょう♪

その3:食事
女性ホルモンの1つであるエストロゲンの働きに似た豆腐や納豆、豆乳のイソフラボンを摂取する事で、年齢とともに減少していくエストロゲンの働きを助けます。
バストアップに必要なコラーゲンを作るビタミンCや、バストを支えるために必要な筋肉を作るタンパク質、代謝をアップさせる海藻類のミネラルも忘れずに食べる事で、理想のバストに近づけましょう♪

その4:姿勢
猫背や姿勢が悪いと内臓自体が下へ下がりやすくなり、バストが下がってしまう原因ですし、内臓が下がりやすくなることで下腹部が出てしまう原因にもなります。
姿勢を正して元ある場所へ戻しましょう♪


セレーヌ村瀬でした