ビタミンとは

ビタミンの働きと種類

ビタミンはタンパク質や脂質のように体を作ったり、炭水化物のようにエネルギー源となるものではありません。

しかし、それらがうまく人体に作用して、健康を維持できるようさまざまな働きをしています。

初めて米ぬかから抽出されたアミンの一種(ビタミンB1)が当時は深刻な病であった脚気の治療に効果があったため、

「vital(生命の)」を頭につけて「vitamin(ビタミン)」と命名されたことからも、その重要性があると思います!

現在、ビタミンは全部で13種類が存在します。

A、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸、C、D、E、K

ビタミンCやB1、B2などはおなじみですが、ビオチンや葉酸などは聞き慣れないかもしれません。

これらはそれぞれ人体に大切な役割を担っています。

しかし、残念ながら体の中では生成することができません。そのため食物から摂取しなくてはならないのです(><)

セレーヌ 村瀬