メイクをしたまま寝てはいけない理由

仕事から疲れて帰ってきた時に、ついついメイクをしたまま寝てしまった
という経験はありませんか??

これは肌荒れや老化を早める大きな原因となり得ます!!!

メイクをしたまま寝てしまうとどうなるのかと言うと
ぞっとするかもしれませんが、メイクをしたままの状態で眠ることは
腐った食品を載せたような状態になります!

そもそも肌に塗るメイクというのは異物なんです(;_;)

例えばファンデーションには肌の密着性を高めるために、油性成分や顔料が多く使われています。
それを落とさずおいておくと、お肌の汗と混じるので微生物の温床となってしまいます。

朝起きてから顔を洗えばいいと、悠長に考えていてもファンデーションが毛穴に詰まったりもします。
肌の毛穴が詰まることで、繰り返しできる大人ニキビも引き起こしかねないのです。
皮膚にダメージが蓄積されていくので、再生力もだんだんと弱ってしまいます😭

万が一、うっかりそのまま寝てしまったときは、、
肌がひどい乾燥状態になってしまうので、いつもよりもていねいな洗顔をして
汚れと余分な皮脂をきれいに取り除くことが大事です。

ただし、ダメージを受けた肌へのゴシゴシ洗いは禁止です。
なぜなら余計に肌を傷つけてしまうからです!

ていねいに前の日のメイクを落とした後はいつもよりもたっぷりの保湿が必要です。
パックを利用したり、蒸しタオルで顔を温め血行をよくします。

こんなにもケアに余分な手間がかかるならば、
毎日寝る前に疲れていてもメイクだけは落としましょう!!

セレーヌ村瀬でした。