便秘とは

便秘かどうかは便通の頻度だけでは判断できません。

一般的に、週に23回しかお通じがない、張りなどの不快感がある、便が硬くてスムーズに排泄できないといった場合は便秘といえます(>_<)

便秘の原因としてまず考えられるのが、大腸の蠕動(ぜんどう)運動の低下です。

便が大腸を通過するのに時間がかかると、水分が吸収され続け、コロコロした硬い便になるので、排便しづらくなります。

便が直腸まで到達していても、忙しさなどで便意を逃すと、排便の回数が減ります。

そのまま便が直腸にとどまった場合、がかかった状態に直腸が慣れてしまい、本来起こるはずの便意が起きにくくなることもあります。

改善するには、生活習慣の見直しが最も効果的です。

中でも覚えておきたいのが、便をつくるには十分な「材料」が必要だということ。無理なダイエットなどで食事を抜く生活を続ければ、便の材料が不足し、腸の蠕動運動が起こりにくくなります。

13食の規則正しい食生活を心がけ、便の嵩を増やす食物繊維と適度な水分をとるのをお勧めします。

以上セレーヌ村瀬でした。