朝ごはん

本日は、朝食についてです!!

ダイエット中は、朝食を抜いた方が痩せれるんじゃないの?
と思われる方もいらっしゃると思いますが、実はその反対なんです!!

朝食でたんぱく質をとると、胃で分泌される食欲刺激ホルモンが減り、腸で分泌される食欲抑制ホルモンが多くなるため日中の食欲が抑えられます。

また、朝食をとらずに空腹の状態で昼食をとると空腹を感じやすくなり、食べ過ぎや間食の原因になることも。
朝食をとることは太りにくい身体作りにもつながるため、ダイエットをしていても朝食は
しっかりとって頂きたいです!!

では、何を食べればいいの??という疑問が生まれますよね。

朝食は、とにかく食べれば良いというわけではありません。朝食にオススメの食材を3種類ご紹介しますので、ぜひ参考にしてください!!

1お米
お米は粒食のため、ゆっくりと時間をかけて消化・吸収されます。さらに、お米にはデンプンが含まれています。デンプンはブドウ糖が多数つながった状態のため、ゆるやかに血糖値を上げ、脳にブドウ糖を安定供給することができます。
また、玄米ならたんぱく質やビタミン、ミネラルなどの栄養価が上がります。玄米は食物繊維も含んでいるため、腹持ちも良くオススメです。

2
良質なたんぱく質が含まれているため、長時間体内でエネルギーを放出してくれます。また、腹持ちが良く満足感も得られるため、間食防止にも役立つでしょう。

3果物
果物は、ビタミンやミネラル、食物繊維など、1日に必要な栄養素を多く含んでいます。
特にブドウ糖などのエネルギー源が多く含まれているバナナや、ビタミンCが豊富なグレープフルーツはオススメ。皮をむけばすぐに食べられるというのも忙しい朝にぴったりです。
たんぱく質を含むヨーグルトなどの乳製品と一緒にとると、腹持ちも良くなります。

といったように1日のスタートとなる朝食は、とても大切なものになってきます!
1日の良いスタートを切れるように朝食を食べられていない方は食べるように、
食べられている方はメニューを見直してみてください!!

以上セレーヌ村瀬でした。