残暑からの秋

まだまだ暑い日が続きそうですが、暦のうえではもう秋にさしかかっています。

そんなこれからの秋に食欲が増すのは、夏バテで食欲が落ちていた身体が回復してきたり、気温の変化によって、寒くなる身体を温めようと脂肪を燃焼して体温を上げようとするからなんです。
それによって基礎代謝が上がり、エネルギーを消費する事でお腹がすくと言われています。
夏よりも基礎代謝が上がる冬の方がダイエットに向いているのはこういった理由があるんです。
そして、お日さまにたくさん浴びると幸せ物質と言われているセロトニンの分泌が多くなり、精神の安定化を保っていた夏に比べて、お日さまに浴びる時間が少なくなる秋はセロトニンが不足して満足感が得られなくなるのです。
美味しい食べ物を美味しく食べるために、セロトニンを増やすトリプトファンも一緒に食べるのがおススメです。
トリプトファンを多く含んでる食材は豆腐や納豆などの大豆製品や、ヨーグルトなどの乳製品です。

痩せやすいこれからの季節を上手く利用して、綺麗な身体を手に入れましょう!!

セレーヌ大貫