汗っかきの理由

冷え性が原因の汗っかき

水分の取り過ぎや水分を排出しにくい体質のために、体内に余分な水分を溜め込んでいることが多いです。
体内の余分な水分は体を冷やしてしまうため、体を温めるために汗として排出するので多くの汗をかいてしまうのです。このようなタイプの汗っかきは、冷え性を改善できれば汗っかきも解消されます。

太っていることが原因の汗っかき

太っている人の場合、厚い皮下脂肪が断熱材の役割を果たし、体の熱が体内にこもりやすく、体温調節のために大量の汗をかいてしまいます。
運動やカロリーの取り方に気をつけて、まずは皮下脂肪を減らしてみると汗の量も減ってきます。

隠れ肥満が原因の汗っかき

平均的な体型または痩せ形の人で汗っかきな場合、隠れ肥満である可能性もあります。
内臓脂肪が厚いことも太っている人の皮下脂肪と同様に体の熱が体内にこもりやすくなるので、体温調節をするために発汗量が多くなります。
運動などの習慣を付けて内臓脂肪を減らすことで汗っかきが改善されます。

運動不足が原因の汗っかき
運動不足の人は、汗をかく機会が少なくなっているために汗腺が衰えてしまい、全身ではなく体の一部だけで汗をかいて体温調整をするようになっている場合があります。
全身ではなく、汗をかきたくない場所や、汗が溜まりやすい場所などに汗が多くなると自分は汗っかきだと思ってしまうのです。
このタイプの汗っかきも、運動不足を解消することで、局所の汗っかきが気にならなくなります。

緊張やストレスが原因の汗っかき
精神的な緊張やストレスで大量の汗をかく人がいます。精神性発汗が起こる部位は手のひらと足裏の汗ですが、その他の一般体表面も精神性の刺激の影響を受けて発汗量が増えたりします。
緊張の場面で一呼吸おくようにしたり、自分なりのリラックス方法などを見つけましょう。

食事の内容が原因の汗っかき
食事が原因で汗をかきやすい場合があります。
香辛料をたくさん使った料理をよく食べる、肉類など脂肪分が多い食事をよくする、お酒を良く飲む、など。これらのことは汗腺を刺激して汗をかきやすくします。食事内容を見直すことも解消法の一つです。

汗っかきの理由を正しくとらえることも改善への第一歩です。

セレーヌ村瀬でした。