肌荒れの原因

紫外線

紫外線は肌トラブルや老化に大きく関わっています。
もちろん、太陽の光を浴びる事で体内のビタミンDが増えたり、体内時計を整えたりしてくれるといった嬉しい効果もあります。
ただし、紫外線の浴びすぎはさまざまなトラブルを引き起こしてしまうため注意が必要です。

紫外線=シミと考える方も多いかもしれませんが、それ以外にも肌のハリ・水分保持力の低下、赤み・炎症・乾燥につながります。
紫外線はその強さは変わってきますが一年中降り注いでいますので、紫外線対策は夏以外でも行いましょう!!

乾燥

どこにいっても暖房やエアコンが効いており快適に過ごす事ができますが、湿度が低下して肌が乾燥しやすい環境になっている事もあります。
また、スキンケアをしないまま寝てしまったり、夏場は肌がベタついているからと化粧水のみで済ませてしまう人も。
そのような環境や生活習慣の積み重ねで、肌のキメが荒くなり水分が失われてしまうのです。
仕事や家事で忙しく疲れている時にスキンケアが面倒だと感じる事もありますが、肌トラブルを減らし健康的で綺麗な肌を保つため、自分の肌に一手間かけてあげましょう!

間違ったスキンケア

「乾燥しているから一生懸命保湿しよう。」とスキンケアを行う際にゴシゴシとこする方がいらっしゃいますが、肌の表面がこすれてしまい逆に肌のバリア機能低下・乾燥につながる事もあります。
肌の潤いや清潔を保つ事は非常に大切です。
しかし、洗顔のしすぎやクレンジング時にゴシゴシこする・化粧水をパッティングで浸透させようとするなどの行為が肌に負担をかけていることも。
自分のスキンケアの方法を今一度見直してみるのも良いかもしれません(T_T)

不規則な生活

仕事や家事で忙しく生活のリズムが不規則であったり、過度なダイエット偏った食事が続いたりすると肌荒れの原因になってしまいます。
また、パソコン・スマートフォンの普及によりSNSや動画など夜にブルーライトを浴びてしまうことで睡眠の質は低下。
それにより、自律神経のバランスが崩れてしまうのも原因の一つです。
また、睡眠不足は食欲をアップさせてしまうホルモンが増えてしまうため、暴飲暴食し腸内環境の悪化・肌荒れを引き起こす可能性もあります(>_<)

内臓の不調

内臓、特に腸内環境は肌の状態に影響してきます。
腸内環境が悪く便秘がちになると肌荒れが起こりやすく、逆に腸内細菌のバランスが良くお通じもしっかりとある時は肌の調子も良い事が多いです!

ホルモンバランスの乱れ

女性には生理周期があり、その時期によって肌荒れが起こりやすくなる事も。
また、生理周期だけでなく食生活や生活習慣でもホルモンバランスが乱れ肌荒れにつながる事もあります!

以上セレーヌ村瀬でした。