夏から秋へ 秋の肌荒れ

8月ももう残すところもう少しですね。

これからはだんだんと秋らしい日に近づいていくと思いますが、秋はお肌のダメージが一年の中で最も分かる時期だと言われています。

それは夏に紫外線を浴び続けた結果、お肌の中のコラーゲンがダメージを受けていたり、気温や湿度の急激な変化によって血液の循環が悪くなり、皮脂や汗の分泌が減る為、カサついてきてしまうのです。

最近化粧のノリが良くない、シミソバカスが目立ってきた気がする方は、皮脂の取りすぎでお肌のバリア機能が低下しているせいかもしれません。
秋に化粧品を見直すのはいい季節ですから、今まで使っていた化粧品を一度見直してみましょう♪

これからの季節には、シミやソバカスを作るメラニンの生成を抑える美白効果の高い化粧水や、乳液クリームで油分をしっかり補給できる物に変える事でお肌が変わってきます。

しかし、今までのスキンケア方法では意味がありません。
ポイントは、洗顔の後はしっかり水気を拭いてから化粧水を塗る→化粧水が浸透してから乳液、クリームを塗る事です。

お肌の上で化粧水と乳液が交わるのはよくありません。
朝の忙しい時間でもスキンケアの為に5~10分早く起きて、滑らかなお肌を作りましょう♪

セレーヌ大貫